【デュエルリンクス】ヴァンパイア・スカージレット強い。回し方とコンボ紹介!2枚欲しい

MINIBOX「エンパイア・オブ・スカーレット」が登場し、ヴァンパイアが大幅に強化されましたね。
ヴァンパイアの中でも「ヴァンパイア・スカージレット」はサーチが容易な「ヴァンパイアの領域」等の補助カードで容易に出せます。
下級ヴァンパイアの展開力とアンデット族特有の安定性によって、非常に安定したプレイングが可能です。
本記事では、スカージレットを中心にヴァンパイアについて回し方などを書いてみたいと思います。

ヴァンパイア・スカージレットの効果

ヴァンパイア・スカージレット
ヴァンパイア・スカージレット
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 闇属性 6 アンデット族 2200 2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、1000LPを払い、「ヴァンパイア・スカージレット」以外の自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ終了時に発動できる。そのモンスターを墓地から可能な限り自分フィールドに特殊召喚する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 UR
収録 略号連番 発売日 レアリティ
デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ DBDS-JP005 2018年02月24日 Normal
  • 守備力も2200
  • 「ヴァンパイア」モンスター

打点2200のアンデット族モンスターです。

「ヴァンパイアの使い魔」の効果でサーチが可能ですね。

上級モンスターにしては打点低めですが、「ヴァンパイア帝国(エンパイア)」を発動している状態であれば2700打点で相手を殴れます。

ヴァンパイア帝国(ヴァンパイアエンパイア)
ヴァンパイア帝国
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
フィールド魔法 - - - - -
フィールド上のアンデット族モンスターの攻撃力はダメージ計算時のみ500ポイントアップする。また、1ターンに1度、相手のデッキからカードが墓地へ送られた時、自分の手札・デッキから「ヴァンパイア」と名のついた闇属性モンスター1体を墓地へ送り、フィールド上のカード1枚を選択して破壊する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 SR
収録 略号連番 発売日 レアリティ
SHADOW SPECTERS SHSP-JP064 2013年07月20日 Normal

スカージレット以外の上級ヴァンパイアも展開しやすいため、「粉砕!」スキルで打点を上げるのも有効ですね。

スキルの名称 効果 入手方法
粉砕! ターン終了時まで、自分フィールド上の表側表示モンスター全ての攻撃力を自分フィールド上のレベル5以上のモンスター数x300ポイントアップする。このスキルは1ターンに1度しか使用できない。 海馬瀬人の習得スキル(習得Lv:13)

実戦においては決して貧弱な印象を受けないカードで、効果はいずれも非常に強力なので切り札として活躍してくれます。

ヴァンパイア・スカージレットをどう出すか

「ヴァンパイア・スカージレット」は以下のカードによってフィールドへ容易に展開できます。

  • ヴァンパイアの使い魔(自己蘇生できるのでリリース要因になる)
  • ヴァンパイアの眷属(自己蘇生できるのでリリース要因になる)
  • ヴァンパイアの領域(上級ヴァンパイアの召喚権が増える)
  • ヴァンパイア・デザイア(墓地のヴァンパイア蘇生)
  • ヴァンパイア・シフト(墓地の闇属性ヴァンパイア蘇生)
  • ミイラの呼び声(条件を満たせばスカージレットを特殊召喚できる)
  • 牛頭鬼

ヴァンパイア関連カード以外にも、アンデット族ならではの補助カードを利用できるのは便利ですね。

いくつか、以下より見ていきましょう。

ヴァンパイア・デザイア

ヴァンパイア・デザイア
ヴァンパイア・デザイア
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
通常魔法 - - - - -
このカード名のカードは1ターンに1度しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのレベルと異なるレベルを持つ「ヴァンパイア」モンスター1体をデッキから墓地へ送る。対象のモンスターのレベルは、ターン終了時まで墓地へ送ったモンスターと同じになる。
●自分の墓地の「ヴァンパイア」モンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送り、対象のモンスターを特殊召喚する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 R
収録 略号連番 発売日 レアリティ
デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ DBDS-JP008 2018年02月24日 Normal

墓地肥やしと蘇生という、ヴァンパイアにとっては非常に便利な効果を2種類保有しているカードです。

後述する「ヴァンパイアの使い魔」と「ヴァンパイアの眷属」のレベルが異なるので使い勝手が良いですね。

ヴァンパイアの使い魔・ヴァンパイアの眷属

ヴァンパイアの使い魔(ヴァンパイアノツカイマ)
ヴァンパイアの使い魔
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 闇属性 1 アンデット族 500 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LP払って発動できる。デッキから「ヴァンパイアの使い魔」以外の「ヴァンパイア」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「ヴァンパイア」カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 SR
収録 略号連番 発売日 レアリティ
デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ DBDS-JP001 2018年02月24日 Normal
ヴァンパイアの眷属(ヴァンパイアノケンゾク)
ヴァンパイアの眷属
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 闇属性 2 アンデット族 1200 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、500LP払って発動できる。デッキから「ヴァンパイア」魔法・罠カード1枚を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「ヴァンパイア」カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 SR
収録 略号連番 発売日 レアリティ
デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ DBDS-JP002 2018年02月24日 Normal

ヴァンパイアにおいては必須カードとなる下級ヴァンパイア軍団です。

蘇生する上にサーチ効果を持っているので大変便利ですね。

  1. 堕ち武者
  2. 牛頭鬼
  3. ヴァンパイア・デザイア

辺りで落として展開に繋げることが出来ます。

また、墓地に捨てる効果も重要です。

蘇生する際に手札の眷属や使い魔を捨てたり、上級ヴァンパイアを墓地に捨てておいてスカージレットなどで蘇生させるムーブが可能です。

ヴァンパイアの領域

ヴァンパイアの領域(ヴァンパイアノリョウイキ)
ヴァンパイアの領域
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
永続魔法 - - - - -
(1):1ターンに1度、500LPを払って発動できる。このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「ヴァンパイア」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の「ヴァンパイア」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。その数値分だけ自分のLPを回復する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 N
収録 略号連番 発売日 レアリティ
デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ DBDS-JP009 2018年02月24日 Normal

単純にヴァンパイアの召喚権を増やしてくれる強力なサポートカードです。

「カードアドバンス」のようにアドバンス召喚縛りが無い点が使い勝手が良いですね。

「ヴァンパイア」カードなので「ヴァンパイアの眷属」からのサーチに対応している他、使った後「ヴァンパイアの使い魔」などを蘇生させる際に墓地に送る事も可能。

回復効果も地味に重要で、ライフコストを要求するカードが多いヴァンパイアにとっては有り難い。

アンデット関連カード

ミイラの呼び声(ミイラノヨビゴエ)
ミイラの呼び声
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
永続魔法 - - - - -
自分フィールド上にモンスターが存在しない場合、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。この効果は1ターンに1度しか使用できない。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
ゴースト骨塚ドロップ報酬 販売中 SR
収録 略号連番 発売日 レアリティ
BEGINNER'S EDITION 2 BE2-JP235 2004年12月09日 Normal
ストラクチャーデッキ-アンデットの脅威- SD2-JP022 2004年12月09日 Normal
ストラクチャーデッキ-アンデットワールド- SD15-JP025 2008年06月21日 Normal
Pharaonic Guardian -王家の守護者- PH-37 2002年03月21日 Normal
BEGINNER'S EDITION 2(7期) BE02-JP192 2011年08月13日 Normal

アンデット族のサポートカードの中ですも「ミイラの呼び声」は相性が良いですね。

手札の使い魔や眷属を特殊召喚して効果発動させることも出来るからです。

ヴァンパイアは墓地肥やしが重要

「ヴァンパイア」関連カードをいくつか見てみましたが、できるだけ墓地に「ヴァンパイア」を貯めていくことが重要なことが分かります。

墓地が肥えれば..

  • 「ヴァンパイアスカージレット」で上級ヴァンパイア蘇生
  • 「ヴァンパイア・デザイア」で上級ヴァンパイア蘇生
  • 下級ヴァンパイア(使い魔・眷属)の自己蘇生&サーチ

が狙えます。

墓地にヴァンパイアを貯める手段としては、

  • 隣の芝刈り
  • 堕ち武者(デスサムライ)
  • 牛頭鬼
  • 針虫の巣窟

といった汎用墓地肥やしカードを利用するのが手っ取り早いですね。

特に「隣の芝刈り」による墓地肥やしは爆発力がありますが、「粉砕!」スキルを採用するか「リスタート」「スリカエ」のような補助スキルにするかは悩ましいです。

「堕ち武者」「牛頭鬼」辺りはアンデット族の基本の墓地肥やしカードですね。

堕ち武者(デスサムライ)
堕ち武者(デスサムライ)
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 4 アンデット族 1700 0
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。 (2):表側表示のこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に発動できる。デッキから「堕ち武者」以外のレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
GENERATION NEXT-ジェネレーションネクスト-GENERATION NEXT-ジェネレーションネクスト- 2017年9月22日発売 R
牛頭鬼(ゴズキ)
牛頭鬼(ゴズキ)
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 3 アンデット族 1700 800
「牛頭鬼」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。 (1):自分メインフェイズに発動できる。デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送る。 (2):このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地から「牛頭鬼」以外のアンデット族モンスター1体を除外して発動できる。手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
CRIMSON KINGDOMCRIMSON KINGDOM-クリムゾン・キングダム- 販売中 UR

これらの下級モンスターも「ヴァンパイア帝国」による打点強化を受けられるので、シナジーしています。

ヴァンパイアの領域(ヴァンパイアノリョウイキ)
ヴァンパイアの領域
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
永続魔法 - - - - -
(1):1ターンに1度、500LPを払って発動できる。このターン自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに「ヴァンパイア」モンスター1体を召喚できる。
(2):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分の「ヴァンパイア」モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた場合に発動する。その数値分だけ自分のLPを回復する。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
エンパイア・オブ・スカーレットEMPIRE_OF_SCARLET-エンパイア・オブ・スカーレット- 販売中 N
収録 略号連番 発売日 レアリティ
デッキビルドパック ダーク・セイヴァーズ DBDS-JP009 2018年02月24日 Normal

回し方 ムーブ例

下級ヴァンパイアをグルグル回してスカージレット等の上級ヴァンパイアに繋ぐ、ムーブの一例をご紹介します。

実戦においては盤面に応じて動かし方を変える必要がありますが、各種カードの連動の確認など参考にどうぞ。

堕ち武者+スカージレット+「ヴァンパイア」モンスター1枚

  1. 「落ち武者」を召喚し「ヴァンパイアの眷属」を墓地に送る
  2. 「ヴァンパイアの眷属」を手札の「ヴァンパイア」モンスターを捨て自己蘇生→「ヴァンパイアの領域」サーチ
  3. 「ヴァンパイアの領域」効果発動
  4. 「ヴァンパイアの眷属」をリリースし「ヴァンパイア・スカージレット」を召喚
  5. 「ヴァンパイア・スカージレット」の効果で(2)で捨てた「ヴァンパイア」モンスターを蘇生

これで「落ち武者」&「ヴァンパイア・スカージレット」&「ヴァンパイア」モンスター&「ヴァンパイアの領域」という布陣が出来ました。

芝刈り+スカージレット

  1. 芝刈り→墓地に眷属or使い魔と上級ヴァンパイアが落ちる
  2. 眷属or使い魔蘇生→サーチ
  3. 眷属or使い魔をリリースし、スカージレット召喚
  4. スカージレットで墓地の上級ヴァンパイア蘇生
  5. 上級ヴァンパイアが「ヴァンパイア・グレイス」であれば、効果発動
    ※効果発動前に「ヴァンパイア帝国」があれば発動してアドを稼ぐ
    ※先攻であれば罠カードを指定して墓地に送ることで相手の「狡猾な落とし穴」を妨害可能

先攻でグレイス効果発動できれば結構うれしい。

使い魔+デザイア+「ヴァンパイア」モンスター

  1. 「ヴァンパイアの使い魔」召喚
  2. 「ヴァンパイア・デザイア」を発動し「ヴァンパイアの眷属」を墓地に送る
  3. 墓地の「ヴァンパイアの眷属」をフィールドの「ヴァンパイアの使い魔」を墓地に送り蘇生
  4. 「ヴァンパイアの眷属」効果で「ヴァンパイアの領域」をサーチ
  5. 墓地の「ヴァンパイアの使い魔」を手札の「ヴァンパイア」モンスターを墓地に送り蘇生
  6. 「ヴァンパイアの使い魔」効果で「ヴァンパイア・スカージレット」をサーチ
  7. 「ヴァンパイアの領域」を発動し、召喚権を増やす
  8. 下級ヴァンパイアをリリースし、「ヴァンパイア・スカージレット」召喚
  9. 「ヴァンパイア・スカージレット」効果で(5)で墓地に送った「ヴァンパイア」を蘇生

「デザイア」と下級ヴァンパイアを絡めたムーブです。

「下級ヴァンパイア」&「ヴァンパイア・スカージレット」&「ヴァンパイア」モンスター&「ヴァンパイアの領域」の布陣となります。

スカージレットは2枚欲しい

墓地が肥えれば魔導のごとくガンガン回る「ヴァンパイア」ですが、何周すれば組めるか、という点は気になりますよね。

「隣の芝刈り」で墓地を肥やす構築にするのであれば使い魔と眷属は3枚欲しいですが(3周必要)、「堕ち武者」「牛頭鬼」等によって地道に墓地を肥やしていくのであれば2枚で良いと思います(2周必要)。

「ヴァンパイア・スカージレット」はいずれの構築であっても2枚で十分でしょう。

たくさん詰め込まなくても「ヴァンパイアの使い魔」からサーチできる上、「ヴァンパイア・グレイス 」などの上級ヴァンパイアも確保したいので。

ヴァンパイア・グレイス
ヴァンパイア・グレイス
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
効果モンスター 6 アンデット族 2000 1200
このカードが墓地に存在し、アンデット族モンスターの効果によって自分フィールド上にレベル5以上のアンデット族モンスターが特殊召喚された時、2000ライフポイントを払って発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。「ヴァンパイア・グレイス」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。また、1ターンに1度、カードの種類(モンスター・魔法・罠)を宣言して発動できる。相手は宣言された種類のカード1枚をデッキから墓地へ送る。
収録・入手方法 販売状況 レアリティ
RESONANCE OF CONTRAST-レゾナンス・オブ・コントラスト-RESONANCE OF CONTRAST-レゾナンス・オブ・コントラスト- 2018年1月25日発売 R
収録 略号連番 発売日 レアリティ
SHADOW SPECTERS SHSP-JP031 2013年07月20日 Normal

こいつは相手デッキの罠カードを墓地に落とすことで「狡猾な落とし穴」の発動を妨害できたり(カナディアを落とすこともあるが)、「ヴァンパイア帝国」発動下で相手フィールドを荒らすカードとしても活躍してくれます。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (6 投票, 平均点: 2.83)
Loading...

コメント

  1. 悪の無名戦士 より:

    領域はなかなかいいカードですね。使い魔によるサーチからすぐに召喚出来て。武者、領域があればヴァンプだって通常召喚出来ますし。
    ああ、それにしてもゾンマスが欲しい

  2. 常厳男 より:

    いつも楽しく拝見しております
    今回少し誤字が多いように思いましたので自分が見つけた分をご報告します

    「事故蘇生」「上級ヴァンパアイア」「墓地に送るのの」「最低2枚は最低しておきたい」「できるだけ墓地にゔ「ヴァンパイア」を」

    以上です。
    記事制作がんばってください

  3. 管理人 より:

    悪の無名戦士さん
    領域のおかげてかなり安定しますよね。複数来ても使い魔眷属のエサになるのが便利だけど、なんだかんだ今の所ピン刺しで遊んでます。
    ゾンマス来たら手札の眷属とかすぐss出来てめっちゃ回りますね。

    常厳男さん
    誤字をご指摘いただきありがとうございます!
    拙いブログですが今後ともよろしくおねがいします!

コメント・ミス報告


今日の人気記事

管理人プロフィール

  • 名前:野良決闘者
  • 年齢:20代後半
  • リンクス歴:1年
  • OCG歴:15年

普通の遊戯王大好き人間です。
デュエルリンクスだけでなく、アニメ版遊戯王のファンでもあります。

「野良決闘者ブログ」は、ゲーム攻略情報だけではなく、原作アニメも一緒に楽しむ事をコンセプトとしたブログにしたいです。

アニメ遊戯王を無料で見る!