【デュエルリンクス】スリカエが弱体化!コンボデッキに多大な影響

オラァ!速報いくぜぇ!
今日はスリカエが弱体化されたって情報をオメェらに共有してやるぜ!

以下より本文をご覧ください。

オラァ!やっぱり弱体化する「スリカエ」

その汎用性の高さから採用率が非常に高く、スキルの多様性を損ねる要員となっていました。「スリカエ」はキースが難局に直面した際にプライドを捨てて使うべきもので、軽々しく連発すべきものではありませんので、使用条件を追加する形で調整します。

とのこと。

 

変更後のスキル効果

自分のライフポイントが1000減る毎に使用できる。

自分は手札を1枚デッキに戻し1枚ドローする。

このスキエルはターン中に1度、かつデュエル中に2度しか使用できない。

 

いつから変更が適用されるか

2017年5/24日0時を以って変更が適用されるようです。

 

 

下方修正についてはみんな薄々分かっていた

KCカップでもスキル採用率は非常に高かったですよね。
どう考えても「スリカエ」という、反則技(ある意味)をみんなが使いまくるこの現状はどう考えても不健康です。

というわけで、ネット上では以前から下方修正が予測されていましたが、それが現実のものとなったようですね。

 

コンボ性の高いデッキにとって影響が大きい

復数のカードをコンボする必要があるデッキにとって「スリカエ」は安定させるために重要でしたが、少なくともこれまでのように安易に採用できるスキルではなくなりましたね。
「スリカエ」に頼り切った構築のデッキも多く、影響は非常に大きいと考えられます。

コンボデッキでなくても、儀式デッキや融合デッキなどのデッキにも影響が大きいです。

 

代用スキルは「リスタート」か

連発できないのと、リスタート後にもっと事故る可能性がある点で採用率が低かった「リスタート」スキルが今後注目されていくかもしれませんね。

スキルの名称効果入手方法
リスタート初期手札の配布後に使用できる。初期手札を引きなおす。バンデット・キースの習得スキル(習得Lv:20)

※このスキルは海馬瀬人、孔雀舞、ペガサス、武藤遊戯、ゴースト骨塚等複数のキャラもドロップします。

初手の増える「デュエルスタンバイ」も今後さらに注目されることでしょう。

スキルの名称効果入手方法
デュエルスタンバイ自分と相手の初期手札が1枚増える真崎杏子ドロップ入手

それより、デッキ構築時点でスキルに頼らなくても良いくらいバランスに気を使った構築にすることが重要でしょう。

 

環境トップは「ハーピィの狩場」になるか

「スリカエ」の次にKCカップで大暴れしたスキルといえば「ハーピィの狩場」ですよね。

スキルの名称効果入手方法
ハーピィの狩場「ハーピィの狩場」をデッキトップに置いた状態で、デュエルを行う孔雀舞ドロップ入手

※上記スキルは2017/7/18よりフィールドに狩場を発動...からデッキトップに置く..に変更されました。

カードプールに魔法・罠を除去するカードが徐々に増え始めているのでかつて程の無双状態ではないですが、やはりサクリファイス入り狩場デッキはめちゃくちゃ強いですからね。

今後、環境トップに「ハーピィの狩場」が居座ることになるかもしれませんね。

 

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...

コメント・ミス報告


CAPTCHA


管理人プロフィール

  • 名前:野良決闘者
  • 年齢:20代後半
  • リンクス歴:1年
  • OCG歴:15年

普通の遊戯王大好き人間です。
デュエルリンクスだけでなく、アニメ版遊戯王のファンでもあります。

「野良決闘者ブログ」は、ゲーム攻略情報だけではなく、原作アニメも一緒に楽しむ事をコンセプトとしたブログにしたいです。

アニメ遊戯王を無料で見る!